JH16pro 低域調整可能な4ピンスクリューコネクタへマイナーチェンジ 【JH AUDIO】

NO IMAGE

By: Austin Appel
2014年8月1日よりJH16Proのコネクタが低域調整が可能な
4ピンスクリューコネクタへマイナーチェンジします。
4ピンコネクタについても触れながら今回のマイナーチェンジのご紹介をします。

IEMのコネクタ

現在、IEMのリケーブルなどで使われるコネクタはJH・UM・NOBLEなどで使われているような2ピンコネクタと
SHURE・Westone・くみたてさんなどで使われているMMCXの2種類が多く使われています。
本来、信号とGNDの2つのチャンネルを伝送できれば動作させることは可能なため2ピンコネクタ、
もしくはMMCXなど問題はありません。
しかしこのJH AUDIOの4ピンスクリューコネクタは名前の通り4ピンあるため
2ピン余計に追加していることになります。これによりどのようなメリットがあるのかまとめていきます。

JH AUDIO独自のコネクタ 4ピンスクリューコネクタ

こちらのコネクタは上記であげた2ピンタイプやMMCXとはピンの数が違うことがまずわかるかと思います。
このコネクタを使うことによる大きなメリットとして低音調整機能があげられます。
低音チャンネルに半固定抵抗と呼ばれる抵抗値を変えられるタイプの抵抗が
IEMケーブルに搭載されています。
通常はIEMのシェル内部に値を変えられない抵抗が搭載されているため調整はできません。
また通常の2ピンケーブルにこうした抵抗を搭載しても低音以外のドライバにも抵抗の効果が影響するため
低音調整どころの話ではなくなってしまいます。そのため低音用に2ピン増やした上でケーブルに
半固定抵抗を搭載して低音調整を行うという形が採られています。
同社では既にRoxanneで搭載されていましたが、今回のマイナーチェンジによりJH16Proでも
Roxanneと同じく低音調整を可能となります。
また4ピンある点、スクリュータイプでケーブルとIEMの接続が着実に出来る点からは2ピンタイプの
コネクタと比較して安定感があるかと思います。MMCXの用に回らないのも良いかもしれませんね。

マイナーチェンジによる低域調整の効果と詳細な情報

今回のマイナーチェンジでJH16Proのコネクタが4ピンタイプに変わる他、
ケーブルもRoxanneと同様の物がしようされます。JH16Proは低音の量感や質感などで
好みがわかれるような印象がありましたが今回のチェンジにより低音を音楽に合わせ柔軟に
変えることが可能になりましたのでマイナーチェンジとはいえ16proを購入するか迷っている方には
嬉しい変化であると思います。Roxanneの時の低音の変化具合から考えると
旧型のようにマイルド目に調整したり、反対にスッキリまとめたりなど音の変化を楽しめそうで、
抵抗の品質の変化への懸念以上の期待が個人的にあります。

なお、2014年8月1日より4ピンを受けつけ2ピンでの対応はストップ、
既にJH16Proを所有されている方へのアップグレードサービスはなしで、
値段や製品名に変更はないとのことです。

newsカテゴリの最新記事