秋のヘッドホン祭2012に行って来ました(2)

会場2
ヘッドホン祭の簡易的な感想の
後編になります。

PP6 PP6_2

まずはUnique Melodyの新作のPP6。こちらはJH-3A+16Proと同じように
イヤホンに専用のアンプをつけたものでPP6のイヤホンは
MIRACLEではなくPP6用に作られた6ドライバもイヤモニターとのことです。
ラインアウトとCoaxで視聴しましたがどちらもモニター的な鳴り方と対極な印象。
音は柔らかく聴き疲れすることは無さそうですが
個人的には好みから大きく外れていました。
UMからの直だと$2,280.00・・・

kyoukou

こちらはちはら台アンプの作者さまが作られたアニソン用の
バランスアンプとのことです。サイズは大きめでXLRでバランス出力をしています。
アニソン用に作った、との事で視聴しましたが高音の鳴りがすっきり透明感があり
良く伸びてアニソンには良い感じでした。アニソンと言っても色々ジャンルはあると思いますが
高音の鳴りに特徴があるものが多々ありますからそういった意味ではアニソン用というのは
個人的には納得しています。
話は少し脱線してしまいますがそろそろちはら台アンプを組もうかと思っております。
部品もかなり揃ってきて組立も進んできていますので完成したら
適当にレビューでも載せておきます。(ただ、私好みの仕様に作るつもりです。)

ortofon

オルトフォンの新作のアンプ。厚みはありますがサイズは小さめです。
音のバランスは良く音のなる位置の捉え易さは印象的です。
定位はなかなか良さげ。2万円台なら購入したいところです。(ないとは思いますが)

Q7

Zephoneからの参考展示のアンプ、Q7です。
色々と曰く付きですが音は悪くなく改造して遊ぶ用に欲しかったりします。
某アンプの改造例などもありますしそれを参考にしながらも私も遊びたいなと・・・
これも2万円前後なら嬉しいところですがどうなるか。(ebayでは¥24,000程度だったか…?

sound earthsound earth2

こちらは台湾のメーカーのブースのようです。比較的安価なものが多かったです。
アンプのみ視聴しましたがこれならiPod直挿しでも良いかなというのが私の感想で
あまり対して視聴はしていません。アンプの値段も見ていなかったですが
外装は良いのでそういった意味では惹かれてしまうところもありました。

UE900

こちらはUE900。UE/ロジクールブースにはありませんでしたが
既に入手して持参されているユーザーの方から視聴させて頂きました。
TF10のテイストを汲みながらも中域の遠さや高域のつまり具合・潰れた感じが
改善されていて正統的な進化を遂げたと思います。純正ケーブルですと
中域は完全にバランスがとれていない印象もあり高域も少し伸びが悪かったです。
きらびやかさは10proよりも薄れていますが良い仕上がりであります。
低音も10proほどではないがモコモコ、音のバランスは弱ピラミッドバランスといったところか、
というのが私の感想になります。UE11とキャラが違うのは少し意外でありました。

sintyuu

こちらは真鍮やアルミケースを利用して作ったアンプ。
真鍮アンプは単体で300g超えのヘビー級の重さを誇ります。
電池は単4一本で20時間近くまで持つようです。写真に写っているアンプ2種類、
ケースだけ変えて中身は全く同じようですが真鍮は低音に重みがあり、アルミ?は
軽く爽やかになる印象がありケースでもここまで音が変わるのかと、
なかなかおもしろい体験ができました。
金属とプラスチックのケースでノイズ関係で音が
変わるとかならばわたしもわかるのですが
同じ金属でも素材で音色が変わってしまうとかは思いもよりませんでした。
ただ、若干オカルト臭い一面もありますし可能ならば中身の確認もしたかったです。

IQ7 SigDJromijuri

新作ラッシュのUltrasoneのブースです。IQとSignature Pro DJを聞いて来ました。
IQはハイブリッドタイプのイヤホンですがダ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。